• トップ > 
  • for DOG > 
  • 肌が弱い人のためのキャメルミルクソープ
  • 商品画像1
  • 商品画像2
  • 商品画像3
  • 商品画像4
商品画像1 商品画像2 商品画像3 商品画像4

肌が弱い人のためのキャメルミルクソープ

新商品

販売価格:¥ 330 ~ ¥ 1,518(税込)

在庫数
在庫はございます

数量

amazon pay決済時にエラーが出るお客様 >> お気に入りに追加

商品説明

【なぜいま、固形石鹸なの?】


まず、固形石鹸というものは液体タイプの洗浄料に比べ、天然の原料で作られているものが多いので、地球に還りやすいということが挙げられます。
サスティナブルな社会を実現するために有効なアイテムであるという事で、近年再度注目されています。
環境にやさしいということは、同時に肌への影響も少ないということになりますので、お肌の弱い方、赤ちゃんにも支持されているのではないでしょうか?
特に枠ねりタイプは、石鹸素地(石鹸ベース)が機械ねりタイプに比べて低いため、皮脂を取りすぎることなく、より、肌への負担が少ないといわれています。
また、石鹸素地(石鹸ベース)以外の以外の成分を20~30%配合することができるので、オイルを配合してしっとりとした洗い上がりにさせたり、漢方やハーブなどの特徴的な有効成分もたっぷり配合できるので、固形石鹸=顔がつっぱる、パサつくといったことがないため、美容目的の方にも大変おすすめです。


【石けんはアルカリ性だから肌への刺激が強いのでは?】


よく「人の肌は弱酸性」であるといわれますが、これは肌に分泌される皮脂と汗が弱酸性(PH4.5~6.5)であることと、肌の表面にある角質層が弱酸性になっているために、このように表現されています。しかし「人の肌が弱酸性」であることと、だから「洗浄剤が弱酸性がよい」とされることは、決して一致するものではありません。
確かに肌がアルカリ性に傾くと、角質層が柔らかくなって荒れやすくなります。石けんが弱アルカリ性であるといっても、よくすすげば洗浄後すぐに中性近くまで下がり、その後自然に肌は弱酸性に戻ります。これは石けんが汚れと一緒に皮脂や汗を落とすことによって、また皮脂や汗が分泌されるためです。


【エタノールが入っているけど大丈夫?】


枠ねり石鹸は機械ねり石鹸とは異なり、エタノール中で脂肪酸と水酸化ナトリウムの中和反応を行い、この中にグリセリン・砂糖などの透明化剤を添加して、冷却・固化の工程を行います。
固化した石けんを規定のサイズに切断して熟成・乾燥を行い、乾燥途中には一つ一つ丁寧に磨き上げます。又、エタノールは乾燥期間中にほとんど揮発してしまいますので問題ありません。


【枠ねり透明石けんとは?一般的な機械ねり石けんとの違い】


石鹸に汚れを落とす機能だけが求められた時代には、安価な機械練り石鹸が最もユーザーのニーズに沿った製法だったのですが、 石鹸に毛穴やニキビなどのトラブルを予防する機能や肌に潤いを与える機能など「汚れを落とす以上の機能」が期待されるようになると、機械練り石鹸では対応できなくなりました。
その理由は機械練り石鹸が原料の90%以上を石鹸素地(石鹸ベース)とする必要があるからです。原料のほとんどが石鹸素地のため、石鹸に特徴を追加するための余地は全体のたった数%しか残されていません。
数%の中で特徴を出すためには、香料や着色料を添加して外見上の個性を表す事しか出来ません。
これに対して、枠ねり石鹸に占める石鹸素地の割合は60~80%ほど。つまり、枠ねり石鹸には石鹸ベース以外の有効成分を20~40%も配合することができます。色や香りなどの外見的なものだけでなく、たとえみずみずしい洗い上がりのために有効成分などを配合し、機能的な特徴をプラスすることで個性的で高機能な石鹸の実現が可能なのです。




【配合成分について】


石鹸素地
数千年前から使われている天然の界面活性剤です。安全性、生分解性に優れ、環境にもやさしい成分です。


スクロース
糖の1種であり、砂糖の主成分。てんさいやさとうきびなどから得られます。


グリセリン
古くから用いられてきた保湿剤のひとつです。肌にうるおいとしっとりした感触を与えます。枠ねり石鹸を透明化するのに欠かせない成分です。


エタノール
枠ねり石鹸はエタノールを使って脂肪酸と水酸化ナトリウムの中和反応を行い、この中にグリセリンやスクロースなどの透明化剤を添加して、冷却・固化の工程を行います。


ラクダ乳
バランスのいい豊富な栄養価を誇るラクダミルクは近年スーパーフードとして世界中で注目され始めています。
ラクダミルクの素晴らしい効果は飲用だけにとどまらず、古来より強い日差しからお肌を守るものと重宝されてきました。あのクレオパトラはその美貌を維持するためにラクダミルクを使用したお風呂に入浴していたといわれています。ラクダミルクはスキンケアや日焼け止めなど数多くの美容原料と使用されてきたのです。


アルガンオイル
原産国はモロッコで、美容と健康に良いことが世界中に広まり、今や高級オイルの代名詞となっています。
アルガンの木になる実の核から採れるオイルで、100kgの核からわずか1リットルほどしか採れない貴重なオイルです。その効能は肌に必要な保湿成分であるセラミドを作る成分であるリノール酸を多く含んでいます。そしてビタミンEとカロテンが毛穴の詰まりや肌荒れを改善してくれ、細胞の老化を防ぐ抗酸化作用があり、保湿効果も非常に高いので肌状態を安定させてくれます。


グリチルリチン酸ジカリウム
甘草の根茎または根から抽出したグリチルリチン酸を水に溶けやすくした成分です。整肌の作用があり肌荒れなどのダメージケアに用いられます。


フィチン酸
米由来の成分でキレート剤として化粧品や歯磨き粉、食品などに配合されています。このフィチン酸を加水分解して得られるイノシトールという成分はビタミンB群の一種として広く用いられます。


キャメルミルクソープの特徴
〜シンプルな成分〜
旧表示指定成分、香料、着色料、防腐剤が無添加で、肌が弱い人や赤ちゃんにも安心して使えるシンプルな成分構成です。
〜環境にやさしい〜
生分解性に優れ環境にやさしく、大きさにもよりますが液体のものに比べて長持ちするため、サスティナブルな社会の実現に貢献します。
〜ミニマル〜
これひとつで、赤ちゃんからお年寄りまですべての方の顔や身体、頭皮まで洗えます。バスルームでの場所もとりません。
〜つるつるの洗い上がり〜
有効成分としてアルガンオイル、キャメルミルクを採用。ネットでしっかり泡立ててやさしく洗うと、肌は潤いをまとい、つるつるの洗い上がりに。
〜石鹸はアルカリ性だから肌への刺激が強い?〜
確かに肌がアルカリ性に傾くと角質層が柔らかくなって荒れやすくなります。ただ、よくすすげば洗浄後すぐに中性近くまで下がり、その後自然に弱酸性へと戻るので心配ありません。
〜荒れ肌を癒す甘草配合〜
甘草(グリチルリチン酸ジカリウム)は薬用植物として世界中で利用されており「生薬の王」とも称されています。その歴史は4,000年にわたるとされており、古代バビロニアのハムラビ法典に薬として記述されている歴史あるハーブです。

価格表

個数 金額(税込)
10g 1個 330円
100g 1個 1518円

商品情報

商品名

肌が弱い人のためのキャメルミルクソープ(枠ねり)

配合成分

石けん素地、スクロース、グリセリン、エタノール、水、ラクダ乳、アルガンオイル、グリチルリチン酸ジカリウム、フィチン酸

使用方法

泡立てネットなどでたっぷりと泡立ててから優しく洗いその後充分にすすいでください。使用後は水はけの良いところで保管してください。赤ちゃんや敏感肌の方などどんな方でも全身お使いいただけます。ご家族みんなでお使いください。

内容量

10g / 100g

使用上の注意

●皮膚に異常がある場合は使用しないでください。
●使用中や使用後に赤み、はれ、かゆみ、刺激、色抜け(白斑等)や黒ずみ等の異常はあらわれた時は使用を中止し、医師へのご相談をおすすめします。使い続けると症状が悪化することがあります。
●用途以外に使用しないでください。
●本商品は食べられません。
●皮膚障害のある場合には使用しないでください。
●目、口、鼻、耳に入らないようにご注意ください。万が一入った場合は水で充分洗い流してください。

保管上の注意

●直射日光の当たるところや高温になるところに保管しないでください。
●子供や認知症の方の手の届くところに置かないでください。

MADE IN JAPAN

商品レビュー